코인리더스 재팬

パウエル「米連邦準備制度理事会(FRB)が何を言っているのか、人々が知ることで政策の影響力が生まれる」..."余暇にAIの本を読む"

코인리더스 재팬 | 기사입력 2023/09/29 [11:34]

パウエル「米連邦準備制度理事会(FRB)が何を言っているのか、人々が知ることで政策の影響力が生まれる」..."余暇にAIの本を読む"

코인리더스 재팬 | 입력 : 2023/09/29 [11:34]

 

米連邦準備制度(FRB)のジェローム・パウエル議長は28日(現地時間)、FRBが経済に及ぼす影響力の一部は、一般人が経済をどのように見るかに影響を与えることから発生すると述べた。

 

パウエル議長はこの日、ワシントンDCで開かれた教師たちとのタウンホールミーティングで経済教育の重要性を強調しながらこのように述べた。

 

ただし、金融政策と関連した直接的な発言はなかった。

 

パウエル議長は、「私と私の同僚たちが経済と金利経路について見通しを発表した時、私たちが持っていた目標の一つは、現在および今後数ヶ月間の消費と投資の決定に影響を与えることだった」と説明した。

 

そのような影響は、私たちが何を話しているのか、そしてそれが自分の財政状況に何を意味するのかを人々が知ることによってのみ可能になるだろう」と付け加えた。

 

パウエル議長は、「経済教育は、学生が自分の財政状況を把握し、職業選択の幅を広げる機会を提供するだけでなく、FRBの政策決定の意味を含め、マクロ経済を理解するために必要な知識を提供する役割を果たす」と述べた。

 

 

経済教科書と金融政策の現実間のギャップに関する質問に対しては、「量的緩和(QE)、フォワードガイダンス(事前案内)など金融政策の革新がすべての教科書に反映されるまでには改訂作業が必要だろう」と説明した。

 

続いて、FRBが準備金調整を通じた金融政策を長い間行っていないのに、多くの教科書がこれを反映していないと指摘した。

 

余暇には何をするかという質問には「人工知能(AI)などのような背景知識を積むテーマの本を読む」と話した。

 

パウエル議長は先月20日の連邦公開市場委員会(FOMC)会議後の記者会見で「インフレを持続して2%水準まで下げるまでにはまだ長い道のりがある」と述べ、緊縮長期化の可能性を示唆した。

 

9月のFOMC会議以降、金利が現在より高い水準で予想より長く続く可能性があるという見通しが広がり、債券金利が急騰し、株式市場もショックを受けた。

 
이동
메인사진
포토뉴스
過剰な米金利引き下げ期待に「非合理的な過熱」警戒の声相次ぐ
이전
1/5
다음
Tech Economy 많이 본 기사