코인리더스 재팬

JPモルガン・ダイモンCEO「米連邦準備制度理事会(FRB)の基準金利が7%になる可能性もある

코인리더스 재팬 | 기사입력 2023/09/26 [21:28]

JPモルガン・ダイモンCEO「米連邦準備制度理事会(FRB)の基準金利が7%になる可能性もある

코인리더스 재팬 | 입력 : 2023/09/26 [21:28]

 

JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は25日(現地時間)、世界がスタグフレーション(景気縮小の中での物価上昇)と共に米連邦準備制度(FRB)の基準金利が7%を記録する最悪のシナリオに備えていない可能性があると警告した。

 

ブルームバーグ通信によると、ダイマンCEOは同日、インドのムンバイで現地日刊紙タイムズ・オブ・インドとのインタビューで「取引量が減り、金利が高くなると(金融)システムにストレスが生じる可能性がある」とし、「ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハサウェイ会長)が、干潮時には誰が裸で泳いでいるか分かるという話をしたことがあるが、その時が来るだろう」と述べた。

 

これまでインフレに対抗するために金利を追加引き上げなければならないと述べてきたダイマン氏は、金利が3%から5%に上がる時より、5%から7%に引き上げる方がはるかに苦痛だろうとして、「全世界が金利7%に準備ができているか分からない」と付け加えた。

 

彼の発言は、FRBが基準金利を22年ぶりの最高水準である5.50%に引き上げた後、金融引き締めサイクルが終盤に達したという意見がコンセンサスを形成している中で出たものだ。

 

FRBはインフレ抑制のために金利引き上げを長期間維持するとのシグナルを送っているが、市場は来年に金利を引き下げるだろうと予想している。

 

ダイマンの予想通り、金利が7%まで上昇すれば、米国企業と消費者に深刻な影響を与えると予想される。

 

特に、失業率が3.8%と非常に低く、物価も緩和の兆しを見せているため、経済の軟着陸を期待する楽観論が急速に冷え込む見通しだ。

 

現在、米国内のインフレ率は依然としてFRBの目標値である2%を大きく上回っており、8月にはエネルギーコストの上昇で物価が上昇し、2月以降初めて食料品とエネルギーを除いた実質物価も上昇した。

 

ニール・カシカリ・ミネアポリス連邦準備銀行総裁も同日、経済が予想以上に強い場合、FRBは今年中にもう一回金利を引き上げ、長い間緊縮政策を維持する必要があると述べた。

 

彼はペンシルベニア大学経営大学院ワトソンスクールで開かれたイベントでこのように述べ、自分が今年一度の追加引き上げを予想した委員12人のうちの一人であることを明らかにした。

 

カシカリ総裁はただ、来年インフレが急速に減速すれば、最終的に金利を引き下げなければならないかもしれないと付け加えた。

 
이동
메인사진
포토뉴스
過剰な米金利引き下げ期待に「非合理的な過熱」警戒の声相次ぐ
이전
1/5
다음
Tech Economy 많이 본 기사